• このエントリーをはてなブックマークに追加

FbのMessengerから「その他」が消える―リクエスト機能を開始

Facebook Messenger
これまで当サイトでも、Facebookの友だち申請を無言で送ってくることに対しての警鐘を行ってきたが、今後はそういった警鐘が必要でなくなるかもしれない。

Facebookは、これまでMessengerで気づくことがなく不便だった「その他」の受信箱を撤廃し、新たにメッセージのやりとり自体を許可する申請をおこなえる機能を順次全ユーザーへ提供をはじめた。

まずは「メッセージ・リクエスト」からはじめよう

Facebookの友だち申請は、時に全く知らない人からも送られてくることもあるが、安易に許可をしてしまうと乗っ取りなどの被害に遭うため許可しないという人が増えてきた。
また、一方的に送られてくる無言の友達申請には、コミュニケーションをするための存在であるSNSにおいて、不快に感じる人も決して少なくなかった。
そうした不快感を示すユーザーの多くが、友人申請を送る際は事前にメッセージで挨拶をして欲しいと伝える人が多かった。当サイトでもそのことについて以前記述し、定期的にシェアされては反響があった。


しかし、この手法に関しての一番の問題点は、つながりが無い相手からのMessenger経由での挨拶は通知されない「その他」のフォルダに入ってしまうことで、せっかく丁寧に挨拶をしてきたにも関わらず気づかずじまいになることがあったということ。
しかし、その他フォルダがない場合は、知らないアカウントからのメッセージを24時間通知されてしまうという問題点もあるため、特に著名人などのアカウントにとっては非常に悩ましい問題であった。

Facebookが、あらたにローンチする機能は、それに対する最大限の改善案だ。今回あらたに実装される機能は、友人申請とは別にメッセージのやりとりをすることを許可してもらうための申請を送ることができるというものだ。これまであった「その他」のフォルダはなくなり、友人でない相手からのメッセージは、まず「メッセージリクエスト」からスタートすることになる。
Facebook message requests
via Techcrunch

友人以外であれば、友人の友人であっても初めてのMessengerでのやりとりは基本的に「メッセージ・リクエスト」からスタートすることになる。
「メッセージ・リクエスト」は画像のように、1つにまとめられ、ユーザーを確認した上で返信をすることが可能だ。返信をすることで、それ以降は友人とのやりとりと同じようにチャットをすることが出来る。
また、この段階でリクエストを許可しなかった場合は、別のフォルダに許可しなかったメッセージとして処理される。

スムーズなメッセージを友人以外とも出来るようになる

これまでは、仕事上でMessengerのやりとりをする場合、その他のフォルダーに振り分けられないよう「友人申請」をしてからやりとりすることが日常的に見られた光景であった。
しかし“SNS疲れ”などのワードが指し示すように、本来の“友人”といえる存在以外とFacebookで繋がることに苦痛を感じている人は決して少なくはなかった。
仕事を円滑にすすめるために仕方なく友人申請を許可していた人も、今後はMessengerでのやりとりのみを許可すればよいという仕組みが生まれたため、Facebookを使ってのやりとりをより活用することができる。
ただし、これにおいては立場的に強い相手が、安易に友人申請をしてこなければの話だ。自身が上司であったり、発注主であるなどの場合は、こうした面においては配慮する必要があるだろう。
誰も全ての仕事関係に対して「交際しています」といったステータスや、友人との楽しいひとときを晒したいとは思っていないからだ。

まずはMessengerからはじめませんか?

今後は、同じイベントに参加して仲良くなった相手に、まずは「メッセージのやりとりをさせていただけませんか?」といった気軽なものから送ることができるし、Eメール以外に連絡手段がない相手にスムーズなチャットをしたい場合も、以前よりもさらに勝手がよくなる。

しかし、だからといって一度許可してしまえば、これまで通り送る側からのメッセージは延々と受信側に届いてしまう。通知をしない設定にあったとしても、送る側も読む側も大量に送りつけられるメッセージに困惑することもあるだろう。
機能がカバーしてくれるところは、単なる一端でしかない。これまで通り相手を配慮するという気持ちは、決して忘れてはならないだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す